妊娠中に車を運転しても大丈夫?妊娠中の運転で気を付けること

葉酸

妊娠中に車を運転しても大丈夫?
妊娠中に運転してもいいのでしょうか・・・というより、そもそも車の運転そのものは、実際には妊娠中に特に影響はないようです。

心配なのは、ホルモンの影響で、運転中に眠気に襲われてしまったり、判断力がにぶってしまうことで交通事故に遭いやすい環境にあるということです。
ですから、出来るならば運転しないようにという意見も多いようです。

とはいえ、車のない生活が不便な環境である妊婦さんもいらっしゃいます。
車通勤をしている人もいれば、車がないとどこにも行かれない地域の妊婦さんもいらっしゃいます。
幼稚園に上の子供さんを送り迎えしている妊婦さんもいらっしゃいます。
電車も安全ですが、寧ろ車を利用した方が、妊婦さんへの心身的なストレスが少なくていいという場合も実際にあるのです。

妊娠中の運転で気を付けること
妊娠中は、ホルモンの影響もあり、強い眠気を感じることがあります。
運転中に我慢できないほどの眠気に襲われることも十分に考えられますから、車通気をしている妊婦さんや買い物に出掛ける妊婦さんは、時間に余裕をもって家を出て、もし眠気に襲われたら途中で必ず休息を取るようにしましょう。

長時間の運転に関しては、出来るだけ避けるのが無難です。
運転中は、常に同じ姿勢を取っていますから、お腹の赤ちゃんのうっ血などを引き起こすこともあります。
身体に負担がかかる姿勢ですから、疲れを感じたら車から降りるなどしてリラックスしてください。

また、大きくなったお腹がハンドルにつかえたら運転は控えましょう。
座席を調節すれば、ハンドルに当らないようにも出来ますが、そうなると今度は、アクセルやブレーキに足が届かなくなったり、ハンドルに手が届かないといったことが起きますから、そういった意味でもまずその時期の運転は、お勧め出来ません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る