妊娠中のつわりがつらい。つわりが来たらどうすればいいの?

葉酸

妊娠中のつわりがつらい
妊娠中のつわりは、その症状や来る期間は、人によって個人差があります。

女性でセックスの経験がある人なら、生理が遅れた場合、妊娠の可能性を疑います。
その時期から、胃の不快感・吐き気といった症状を伴うつわりが始まるようになります。
だいたいの妊婦さんは、妊娠初期には何らかの症状がありますが、1~5割の人で何も症状がないという女性もいます。

つわりの症状は、一般的には妊娠4~6週頃から始まりますが、12~16週に入る頃には落ち着いてきます。
妊娠7~9週が、つわりのピークといったことが多いようです。
ですが、10週を過ぎた頃からつわりが終わる人もいます。
反対に、出産直前までつわりの症状に悩まされる人もいますから、本当に個人差ですね。

感じる症状もまた様々です。
いつもより胃に不快感を感じたり、胃がムカムカするといった軽度の症状の人もいれば、寝込んでしまう程辛い人もいます。
妊娠悪阻といって、つわりが悪化してしまうことで、脱水症状を起こしたり、栄養障害や代謝障害といった症状に見舞われて入院が必要とされてしまう人もいます。

やはりつわりといえば、吐き気に襲われるので食欲がなく食事がきちんと出来ませんが、食べづわりというつわりもあります。
実はこのつわりは、何かを食べていないと吐き気に襲われて辛いというものです。

つわりってどんな症状?
つわりは、胃のむかつき、嘔吐や吐き気、ひどい眠気、頭が重い、唾液が増える、倦怠感といった症状があります。
また、匂いに敏感になったり、何か食べていないと気分が悪くなる食べづわり、偏食傾向になるのもつわりの症状の一種です。

下記の症状を感じたら病院へ行きましょう

・1日中吐いている
・水分を受け付けない
・おしっこがほとんど出ない
・体重が4~5㎏減少した
・フラフラとする

これらの症状は、妊娠悪阻の可能性もあります。
立派な病気の範疇ですから、必ず病院に行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る